トイレの水漏れ

トイレで起こる水漏れは、毎日必ず使う場所だけに気になるもの。そのまま放置しておくと床材が傷んだり、水道代が高くなったりと影響が出てきます。まずは「どこから水が漏れているのか?」を探ってみてください。

タンクから便器内へ、水がチョロチョロ流れ続ける

流す水をためておく「ロータンク」。この中には浮き球など給水・止水に関わる部品がいくつか入っており、これが老朽化したり不具合を起こすことで水漏れが発生します。直すには部品交換が必要となり、それぞれの部品はメーカーや機種により異なるため、まずはお伺いして確認し、取り寄せが必要な場合は後日修理します。

配管のあたりが濡れている

給水管からポタポタ水がたれていたり、つなぎ目部分の下に水がたまっていたり。この場合は配管の亀裂や劣化、つなぎ目のナットが破損しているなど長期間の使用で傷んでいる場合が多いです。水漏れしている部分の配管交換やつなぎ目の部品交換などで修理対応いたします。

タンクと便器をつなぐ配管から水漏れしている例。古くなった配管とナット、パッキンなどの部品を交換して修理しました。
止水栓からの水漏れ

トイレの配管には「止水栓」がついているものもあり、中のパッキンが劣化することでここからも水漏れすることがあります。パッキンだけの部品交換で済む場合もありますが、長くお使いのトイレの場合は部品の製造がストップしていて手に入らないこともあります。その場合は止水栓自体の交換となりますのでご了承ください。

便器本体からの水漏れ

便器は陶器でできているため、劣化によりひびが入り、少しずつ水が漏れてくることもあります。時間の経過とともに水漏れはひどくなってくるため、こうなったら便器交換をおすすめします。便器の本体交換はご予算やご希望に応じて幅広くご用意していますのでどうぞご相談ください。

温水便座からの水漏れ

ウォシュレットやシャワートイレなどの温水暖房便座が水漏れしている場合、給水ホースとのつなぎ目の所で漏れているのであればその部分のパッキンなど部品交換で収まることが多いです。ノズルから水が出ないなど温水便座自体の機械的な故障はメーカー対応をお願いしています(保証期間を過ぎている場合は修理料金がかかります)。温水便座は他の電化製品と同じで、長く使い続けていると故障も起きるし壊れることもあります。なので10年以上お使いであれば交換をおすすめしています。こちらも幅広い価格帯で取り揃えておりますので、まずはご相談ください。

投稿者プロフィール

便利屋まねきねこ
便利屋まねきねこ

ご依頼・お問い合わせは電話かメール、LINEで